ニキビを潰すとクレーターが出来る?肌トラブルは病院で治そう!

ニキビを潰すことで生じる弊害

ニキビは毛穴に汚れが詰まって炎症を引き起こした状態を指します。詰まった毛穴が膨れ上がって周囲が赤くなるのが多く見られる症状です。場合によっては痛みや出血を伴うこともありますが、軽度のニキビは放置しても次第に症状が治まることから軽視されやすい傾向があります。また、素手で毟り取ってしまうこともありますが、安易な行動は肌に大きなダメージを残してしまうので注意が必要です。ニキビは毛穴の奥まで症状が進んでいるため、力任せに毟り取ると表皮の奥まで傷が出来てしまいます。ニキビを毟り取った傷跡は自然に消えることは殆ど無く、一生残ってしまうのが普通です。また、ニキビを毟った傷口に細菌が入り込んで重大な感染症を引き起こす可能性もあります。

ニキビを安全に除去する方法とニキビ跡の治療

ニキビが出来た場合は必ず皮膚病の専門医が常駐する病院で治療を受けます。ニキビに詳しい医師は傷が残らないように治療を施す他、再発を防ぐための検査も行うので美肌を保つのに最適です。特に女性は肌が柔らかく傷が付きやすいことから、専門医による肌を労わる治療を受けるのが綺麗な仕上がりにするための条件になります。ニキビ跡が生じた場合は美容外科など審美治療に詳しい医療機関を選ぶのが賢明です。ニキビ跡は皮膚の細胞がその形状を保っているので、通常の処置では効果がありません。そのため、薬剤の塗布の他に患部の切除を行うケースもあります。ニキビ跡を消す治療は医療行為と見做されないので、費用の全額を患者が負担することになります。複数の病院を比較して、治療効果と費用が釣り合っている所を選ぶのが満足出来る結果を得るための心得です。

ニキビ跡の治療というのは、美容整形外科で行うことができます。まずはカウンセリングを受けた方が良いでしょう。