自己処理なら肌を清潔な状態にして行う

けがをするのイメージとして出血があるかもしれません。子供のころに転ぶと擦り傷ができました。擦り傷ができるとそこから菌が入ったりしやすいので、治療などをする必要があります。出血があれば何らかの措置をしないといけないと感じますが、出血がないと特に何もしなくていいと思うかもしれません。その考えが後で大きく影響する可能性がります。脱毛処理を自分で行うとき、毛抜きを使ったりカミソリを使ったりします。毛を抜いてもほとんど出血はしませんしカミソリで剃ってもうまく行えば傷はできません。出血が無ければ問題なさそうですが、実際にはわずかな傷ができている時があります。そこから菌が入れば肌荒れにつながります。必ず清潔な状態にしてから行わないといけません。

剃るときは石鹸ではなく専用のフォームを使う

脱毛処理を自分で行うとき、お風呂場などで行うかもしれません。お風呂場なら濡れても大丈夫です。水で濡らしただけではカミソリなどがあまりスムーズに動かないので石鹸を泡立てて剃りたいところに付けるでしょう。すると滑りが良くなってどんどん剃れます。石鹸をつけて剃る行為を日常的に行っている人もいるかもしれませんが、あまりよいとは言えません。通常の石鹸は体の汚れを取る目的の成分しか入っていません。一見滑りやすいように感じますが、必ずしも滑りをよくしているわけではありません。専用のフォームは肌の滑りをよくする専用の成分なので、肌を傷つけずに剃れます。保湿成分なども入っているため、剃った後に特に措置を取らなくても赤くなったりしません。

医療脱毛とは、医療従事者のみが使える高出力の脱毛機器を使用する脱毛方法です。短期間で効果的にムダ毛を減らしたい人に向いています。