見た目は天然の歯みたい!インプラント治療

インプラント治療とは

抜けてしまった歯の機能を回復する方法には、ブリッジ治療や入れ歯治療がありますが、もうひとつの選択肢として、インプラント治療が知られるようになってきました。インプラント治療は、あごの骨にインプラントといわれている人工の歯根を埋め込んで、その上に人工の歯を装着する治療方法です。そのインプラント治療の特徴を紹介します。

インプラント治療の特徴1キレイな仕上がり

インプラント治療で装着する人工歯は、白いセラミック製なのでキレイで自然な仕上がりとなります。また、入れ歯のような金属が目立つこともないので、人前で話したり笑ったりしても気になりません。

インプラント治療の特徴2天然歯のような噛み心地

インプラント治療では、人工歯が人工歯根にしっかり固定されているため、噛み心地が天然歯と同じような状態になります。硬い食べ物も自分の歯のように噛むことができるので、食事を美味しく食べる楽しみも取り戻せます。

インプラント治療の特徴3他の歯に負担がかかりにくい

ブリッジ治療では、健康な歯を削る必要があり、入れ歯治療では、健康な歯にかける金属の負担がかかってしまいます。インプラント治療は、失った部分だけを治療するので、他の歯への負担がかかりにくくなります。その結果、残っている歯の寿命を保つことにもなります。

インプラント治療の特徴4骨や歯肉がやせにくい

入れ歯治療では、あごの骨を圧迫することで、あごの骨や歯肉がやせてしまうことがあります。また、歯を失った状態を放置しても、その部分の骨がやせていってしまいます。インプラント治療では、人工歯根があごの骨にしっかり固定されるので、かむ力がしっかり骨に伝わり、その結果、骨がやせるのを防いでくれます。

インプラント治療を考えるなら三鷹のインプラントです。専門性の高い医師が対応してくれるので安心して治療ができます。